咸臨丸

おはようございます、よしおです。

今日、2月26日は、咸臨丸がサンフランシスコに入港した日です。

159年前の出来事。

咸臨丸は、当時の江戸幕府の新式洋艦でした。
日本人が乗って初めて太平洋をわたった船として有名です。

司令官は木村摂津守、艦長は、あの勝海舟でした。
乗組員は、総勢96名。
自信家の勝海舟は、日本人だけで航海出来ると断言しました。

しかし、木村司令官は、不安になったので、ちょうど日本に来ていたアメリカの軍艦に乗組員の同乗を依頼しました。

アメリカの乗組員は、ブルック大尉以下11名。さすが鍛えられたメンバーで、太平洋の荒波をものともせず、たじろぐ日本人乗組員を尻目に黙々と活躍したそうです。

肝心の勝艦長は、船酔いで自室に籠ったきりという情けなさでした。