幸福度ランキング 日本

こんにちは、よしおです。

意外な結果です。

国連がまとめている世界の国や地域の「幸福度」をランキングした報告書が発表されました。
幸福度ランキングの日本の順位は、昨年より4つ下げて58位でした。

G7=主要7か国の中で最も低く、アジアでは、台湾や韓国を下回りました。

世界の国や地域に「幸福度」ランキングは、国連が7年前から始めたものです。
一人当たりのGDP=国内総生産や健康寿命、社会の自由度などを数値化したものです。

昨日3月20日に発表された今年の報告書によると、フィンランドが2年連続で1位で、、2位にデンマーク、3位にノルウェーと北欧諸国が上位でした。
福祉や教育が充実しているということでしょうか。

700フィンランド.jpg

このほかイギリスが15位、アメリカが19位でした。
日本は昨年の54位から4つ下げて58位ということです。
アジア諸国の中では、25位台湾、34位シンガポール、54位韓国でした。

長寿国なので「健康に生きられる年数」である健康寿命は上位でしたが、「社会の自由度」「他社への寛大さ」を評価する数値が低く、主要7ヵ国では最下位でした。

この結果を見て、僕はその低さを意外と思いました。
採点法やその基準方法もわかりませんが、長寿国でありながら、「社会の自由度」「他社への寛大さ」で大きく点数を下げいるということです。

僕個人としては日本に生まれて良かったと思っています。
しかし、現代の日本に息苦しさを感じているのも確かです。

じゃ、それは何か?
いろいろ考えてみたいと思います。