やすらぎの郷 続編

こんにちは、よしおです。

普段テレビドラマに興味のない僕が見てみたいなと思う番組が放送されます。
4月8日(月)から始まる『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)です。

これは2017年4~9月に放送され、幅広い層から熱烈に支持された帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の続編として放映されます。

高齢者ホーム「やすらぎの郷」で巻き起こる日々の出来事と、主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆する山村の夫婦の一代記『道』のストーリーが同時に描かれます。

ドラマの概要を解説します。

テレビ人だけが入居を許される高齢者ホームに暮らすシナリオライター・菊村が、純粋に自分のいきがいのため、新しいシナリオ『道』の執筆に着手するところからドラマがスタートします。

ドラマ内では『道』も映像化され“ふるさと”“原風景”をテーマに、名もなき夫婦の生涯を、昭和初期から新元号の時代まで綴っていきます。

出演は、松原千恵子、橋爪功など個性豊かな新入居者8人に加えて石坂浩二や浅丘ルリ子、加賀まりこらおなじみの面々も顔を揃え、2月にがんを公表した八千草薫も九条摂子役で続投されます。

脚本を担当する倉本聰は、八千草の姿を
「一生を終える時の“入舞”をみるようでした」としみじみ振り返ったそうです。
放送は1年間の予定。

主題歌も前回同様中島みゆきが担当します。