高齢者ドライバー

20190418_194624-1.jpg

おはようございます、よしおです。

先日の池袋であった高齢者ドライバーによる悲惨な事故は、やりきれない憤りを感じます。
若い母親と幼い女の子が犠牲になりました。
心が締め付けられる思いです。

一体何人の犠牲者を出すと国はもっと動くのでしょうか?

僕は、運転免許証の定年制度を提唱します。
75才を定年にして、それ以降も運転するかたは、実地試験と能力テストを受ける形はどうかと思います。

そうすれば仕事や田舎の足として必要な方は試験を受ければいいのです。

また足としては、タクシーの高齢者割引や地方自治体では、高齢者専用車を用意するなど色々考えられると思います。

また、高齢者は、車を運転することは、長生きしたのに、最後の方で人生を台無しにするということを真剣に考えていただきたいと思います。