副業解禁

こんにちは、よしおです。


今年4月1日に働き方改革関連法が施行され、サラリーマンに副業・兼業が本格的に解禁になりました。


既に2018年には副業元年と言われ、すでにソフトバンクグループ、新生銀行、ユニ・チャーム、ロート製薬、コニカミノルタ、ソニー、花王、三菱自動車といった大企業でも副業を認め始めており、今後幅広い業種や業態に広がっていくのは必至です。


僕が現在勤めている会社は、従業員200名足らずに中小企業です。

今年は女性ばかり9名の新人が入ってきましたが、今後採用も難しくなるでしょうね。


つまり、昭和型の働い方は完全に過去のものとなり、今後はもっとフレキシブルな働き方になります。


つまり、新卒で入社して、入社した会社でキャリアップできなければ、副業や兼業に力を入れ、それをメインの自分の仕事にして、勤めている会社が副業的にしていくという逆転現象も起きるでしょう。


だから、現在40代からの上の人たちが現在の20代から30代の若い社員に自分たちが経験していたことを教えても時代遅れも甚だしくなるでしょう。


また企業も社員をきちんとケアできない会社は淘汰されると思います。