さ入れ言葉

こんばんは、よしおです。

先日、女子アナ、つまり女性アナウンサーばかり集まって盛り上がる番組がありました。
基本的には、女子アナの舞台裏やプライベートな話が多かったようです。

ずっと観ていたわけではないのですが、その中で一人のアナウンサーが、さ入れ言葉が気持ち悪いという話をしていました。
言葉のプロほどのことではないですが、僕もこのさ入れ言葉は不快に思っていました。

さ入れ言葉は、「せる」をもちいるところを「させる」とするので、違和感を感じてしまう言葉です。
例えば、「歌わせていただきます」というところを「歌わさせていただきます」と言われるとおかしいですね。

日本語の敬語は難しくて、丁寧に言おうとして余計おかしくなることが誰にでも経験があるかもしれません。
簡単な見分け方としては、「させていただきます」の前の母音が「あ」だとさ入れ言葉になるそうです。

例えば、
「受けさせていただきます」
「居させていただきます」
「見させていただきます」
は、「させていただきます」の前の母音が「あ」ではないのでおかしくありません。

一方、「させていただきます」の前の母音が「あ」である、
「歌わさせていただきます」
「送らさせていただきます」
は違和感を覚えます。
日本語は、難しいですね。



“日本語の丁寧化”が進むなか、人はなぜ敬語を使いたがるのか。どんな敬語が正しいのかなど、コミュニケーションの行方を考える。

敬語について考え始めると、さまざまな疑問が出てくる。これらの問いの答えをさぐるために、日常生活の中で出会う現代日本語の敬語に耳をすまし、敬語を使う人々を観察してみようと思う。(「はじめに」より)
「~させていただく」という言葉に象徴されるように、現在、日本語の丁寧化という波が押し寄せている。丁寧化はなぜ進んだのか。時代や社会の動きとともに変化する日本語は、これからどう変化するのか。日本語教師として、外国人の日本語学習者に、日本の大学生に日々接する著者が、敬語を中心とした?おかしな日本語?に着目し、日本語の本来の使い方、そして私たちのコミュニケーションのあり方を考える。