定年後 再雇用

こんにちは、よしおです。

政府が、企業に対して70歳までの雇用義務を課すようになったからといって、すぐに定年が延びるとは思いません。

つまり70歳までの雇用義務とは、現在の65歳から5年延びるわけです。
働きたい人は70歳までそのまま慣れた職場で働ける訳です。

640サラリーマン.jpg

一方、企業側にとって、希望する社員を70歳まで雇用しなければならず、企業に取っては大きな負担になる可能性があります。

しかし、現状は働き側、つまり雇われる側が不利なことに変わりないと思います。
どんなに70歳まで働く希望を持っていても、あくまで雇用条件を決めるのは企業側だからです。

現在でも、フルタイムで働きたいのに週3日だったり、給料も現役時代の半分以下というのが現状だからです。

だから、政府のすすめようとしている企業に対しての70歳までの雇用義務は、働く人のためにはあまりならないというのが僕の考えです。

定年後の働き方でもやもやしている人に読んで頂きたい本です。
▽ ▽ ▽