老後 2,000万円

こんにちは、よしおです。

老後資金が年金だけでは足りず、「30年間で約2000万円が必要」との金融庁の試算に対し、野党が反論を強めていますが、いまさらという感じです。

つまり世間で言われていることを政府が認めたということになります。

これの元になっているのは、総務省が出している「高齢夫婦無職世帯の家計収支(家計調査)」です。

2017年のものだと54,519円も不足することになります。
これは年金メインの収入が180,958円に対して、家計の支出が235,477円という試算で、

マイナス54,519円になるようです。

これを30年分計算すると19,627千円になるのです。

640お金4.jpg

そこから、30年で2,000万円は自分で用意してください、という理論です。

しかも銀行などは、この支出には医療や介護の費用は入っていませんから、5,000万円は必要ですよ、危機感を煽ってきます。

そして銀行は、危機感を感じたユーザーに対して救いに手を差し伸べるように、

「お金に働かせましょう。」と投資を勧めてきます。


結論は、簡単です。年金だけでも暮らせないことはありません。

まず自分の支出内容を知ることです。そして節約することです。

ぜひ萩原博子氏の著書で勉強してください。
↓ ↓ ↓