金融庁は悪くない

こんにちは、よしおです。


金融庁が、老後に2000万円不足問題で

「お騒がせしました。」

と謝罪したそうですが、本末転倒でしょう。

謝罪すべきは、麻生財務大臣で、金融庁の報告を真摯に受け取っていない。


つまり臭いものに蓋をするという対応には、やり切れないものがあります。

こんな人が、国にトップクラスとしているのは悲しいです。


しかし、国民も大いに反省すべきでしょう。

選挙で選んでいるのは国民なんですから。

700選挙.jpg



私は選挙に行っていないという棄権組も同罪です。


国民こそ真摯に自分たちの国を運営する人を選ぶべきです。