七夕の起源

こんにちは。

よしおです。

今日7月7日は、七夕です。

説話によると、牽牛星と織女星が年にいちど天空で出会うのはこの日とされています。
平安時代には上流の子女が乞巧奠(きっこうでん)という星祭りをしたともいわれています。

むしろ日本文化のなかでは、もともとお祓いの意味が強かったそうです。
例えば、この日、女性は髪を洗い、町家では硯や仏具を洗いました。

要するにお盆を迎えるに当たって前夜祭ともいうべき清めの日が七夕というものでした。

ある地方では、タナバタ馬という馬に乗ってご先祖さまが帰っていらっしゃるという信仰もあり、ワラで作った馬を屋根の上に乗せたりしています。

700天の川.jpg

しかし、ここまで七夕の起源をみて不思議なのは、なぜお盆よりも一カ月以上前の7月7日の時期になったのか?ということです。

日本の7月7日と言えば、梅雨のど真ん中です。

それは旧暦と新暦の関係です。

旧暦の7月7日は、8月上旬です。今年なら8月7日。つまりすっかり梅雨明けしている頃です。しかもお盆の1週間前です。

ただ、お盆が7月中旬という地方もあります。
ちなみに富山県出身の僕はお盆と言えば8月中旬。

上京して初めて7月中旬がお盆と聞きました。

まあ、この辺の曖昧さが日本らしいと言えば日本らしいです。