小池祐貴 3人目の9秒台

こんにちは。

よしおです。

今朝のヤフーニュースを見て驚きと称賛の声を上げました。
なんと、男子100mで、小池祐貴が、日本人3人目となる9秒台を出したのです。

ダイヤモンドリーグ・ロンドン大会の男子100メートル決勝で小池祐貴は、9.98秒で第4位に入りました。

これで、サニブラウンの9.97秒、桐生祥秀の9.98秒に次いで日本人として三人目の快挙となったわけです。

記事を読むと、高校生時代から桐生のライバルとして活躍していたようですが、
一般的には知られていなかったようで、僕も小池選手の名前を聞いたのも今年に入ってからです。

でも、その成長は群を抜いているようで、5月に10.04秒の日本歴代7位のタイムを叩きだしてから、今回の9.98秒ですから、一気に主役の座に就いたという感じです。


個人的には、山縣亮太選手にも9秒台を出してほしいと願っています。