いつまで働いたいか?

こんにちは。


よしおです。


僕は、現在61歳、37年間働いた会社を辞めて、この8月から自営業とアルバイトで働きだしました。


僕自身は、働ける限り働きたいと思いっています。


自営業には、年齢制限はないし、現在のアルバイト先も定年制がない会社で、週3日ほどの販売業なので社会との接点が持てるため、雇い先から、辞めてくださいと言われるまで働きたいと思っています。


さて、YAHOO!ニュースに「高齢層は何歳頃まで対価の得られる仕事をしたいのだろうか(2019年公開版)」が出ていましたので読みました。


この記事は、2015年に内閣府がまとめた、「平成26年度 高齢者の日常生活に関する意識調査」の公表結果を基に、高齢層が何歳ぐらいまで収入を伴う仕事をしたいと考えているかについて確認しています。


640年金8.jpg


調査の対象者は、60歳以上の男女ですが、男女問わず、もっとも多かったのが、「働ける限り」で約29%でした。


僕もその中に入ります。


そして、その職種を見ると、農林漁業、自営・フリーランスが50%超え、団体・会社役員が40%と続いていますが、正規の社員、職員が約31%と仕事をしていないについで少ない調査結果になっています。


そして正規の社員、職員の方たちが、70歳までと期限を区切っているがトップで一番目立ちます。


この結果から見えてくるのは、


もしあなたが現在会社員等の雇われる働き方をしていて、でも働ける限り働きたいと思うなら、自営業かフルーランスで働く方が、より長く働けるということになります。


実際僕はそのために雇われない働き方を選択しました。