認知症 痩せている人

こんにちは。
よしおです。

週刊現代の2019年9.14&21号に次のような記事がありました。

東大、千葉大、山梨大の研究で、やせている人ほど認知症になるリスクが高くなるそうです。
60歳を過ぎると少し太めがいいとか。

やせている、標準、太目の数値の出し方は次の計算で出せます。
体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。
これをBMI(ボディマス指数。肥満度を示す指標のこと)と言います。

僕のBMIは、167cmで60kgなので、
60÷1.67÷1.67=21.5ですの標準です。

これが18.5以下の方がやせている、
25.0以上の人が太っている、となります。

だから僕が体重51.6kg以下になればやせすぎ、69.7kg以上になれば太りすぎということになります。
どちらも現状では考えにくい数値です。

1365よしお.jpg
※我が家の猫は太めです。

さて、どうして痩せている人の方が認知症になるリスクが高いか、また太目の人の方がリスクが低いかの調査結果は次の結果に基づいています。

研究チームは、愛知県常滑市と南知多町に住む65歳以上の高齢者3,696人を対象に6年かけてデータを取ったそうです。

そうすると痩せている人(BMI18.5未満)は、標準体重の人(18.5~25.0未満)に比べて最大172%認知症に掛かるリスクがあること、一方、太っている人(BMI25.0以上)は、73%~82%に抑えられていることが判明したのです。

この大きな原因は、筋肉量にあるそうです。筋肉には「マイオカイン」というホルモンがあり、この分泌が脳の認知機能を左右することも研究で判明しました。

つまり痩せている人は、「マイオカイン」の分泌量が少なく認知症に掛かりやすいということです。

日本では、高齢者になると粗食が美徳とされていますが、食べたいものを美味しく食べるようにした方がいいですね。

僕は、もうしよう。