高齢者 タクシードライバー

こんにちは。
よしおです。

今朝、60代のタクシードライバーが、国道を約700m逆走する動画が配信されていました。

場所は、失念しましたが、後ろを走るクルマのドライブレコーダーに映っていたそうです。

映したクルマは、前のタクシーが右ウインカーを出すので、入れたら、左車線を横切り、中央分離帯を超えて右車線を逆走しだしたそうです。

そしてどこで気づいたのか、中央分離帯が時切れる約700m先で、左車線に戻ったそうです。
しかもそのタクシーには、客が乗っていたそうです。

客も驚いただろうね。もしかして客が指摘したのかもしれません。

タクシーtaxis-1692404_1280.jpg

先日も名古屋で75歳のドライバーが運転するタクシーが、7人に怪我をさせています。

テレビでは、その逆走の映像を放映後、タクシードライバーの高齢化を指摘していました。

日本の勤労者の平均年齢は、約44歳なのに、タクシードライバーの平均年齢は、なんと15歳も上の約59歳なのです。

しかも65歳以上のタクシードライバーは、全体の27.4%(2015年統計)も占めています。
また定年後の再就職先としてすすめているサイトもあります。

なかには90歳以上の現役ドライバーもいるとか。

年齢制限をするのか、実地試験を定期的にするのか、真剣に取り組んでほしいですね。
↓ ↓ ↓

Amazon.co.jp: ドライブレコーダー