バレーボール男子ワールドカップ

こんにちは。
よしおです。

バレーボールvolleyball-1165916_1280.jpg
※画像はイメージです。

ラグビーワールドカップの日本チームの快進撃で、盛り上がりと話題が持ってかれていますが、
バレーボール男子も快挙を成しています。

なんと10日に行われた試合で、ロンドン五輪金メダルのロシアを破る大金星を挙げました。
まさに、ラグビーワールドカップでアイルランドを破ったことに匹敵する勝利です。

しかもこれで42年ぶりのメダル獲得に望みを繋ぎました。中垣内祐一(なかがいち ゆういち)


バレーボール男子ワールドカップ(W杯)第7日(10日、広島県立総合体育館)世界ランキング11位の日本が、世界5位でロンドン五輪金メダルのロシアを3-1で撃破。5勝2敗とし、42年ぶりのメダル獲得へ望みをつないだ。

 ロシアには2009年ワールドリーグ以来、10年ぶりの勝利で、W杯では初勝利となった。中垣内祐一監督(51)は、「みんなよかったが西田(有志)が本来の力を出してくれた。助走に力があった。彼の持ち味が出ていた」と絶賛。W杯3連勝は16年ぶりで4位につけた。「強いですね。よくがんばってくれている。1個1個勝っていくことが東京につながっていく」と気を引き締めていた。
10月10日21:46配信のサンケイスポーツ記事より