認知症 気づく

こんにちは。
よしおです。

認知症に気付くのは、身近な家族よりも少し距離を置く親戚や友人の方が、分かりやすいようです。

認知症というのは、ある日いきなり来るものではなく、徐々に進行するので毎日一緒に過ごしているよりも半年、1年に1回、2回と合った時にその変化に気付きやすいということです。

また本人が一番最初にわかっているという説もあります。
ところが気づいても周囲に隠す傾向があり、それで周囲は3年、5年と気づくのは遅れるそうです。

認知症dementia-3051832_1280.jpg

もし僕は、あれ、俺ってもしかして認知症?って思うような変化を感じても、いや最近睡眠不足だし、なんて否定するだろうな。

だから定期的に友人たちと会ったりすることは大事かもしれません。

なお認知症になると身だしなみや金銭感覚に変化が出るそうです。
またクルマの車庫入れがスムーズに出来なくなります。こうなると免許を返納するよう促さないと大変なことになりかねません。


「こころ」の名医が教える 認知症は接し方で 100% 変わる!