わりかん保険

こんにちは、
よしおです。

僕は、社会人になってから30数年、民間の生命保険や医療保険に加入し保険料を支払ってきました。
その金額は、ゆうに1,000万円は超えていたと思います。

それを貯金していればと今から思ってももう遅いです。
しかも支払うだけで、受け取ったことは一度もありません。

calculator-385506_640.jpg

それは事故や病気にならなくて良かったことなのですが、
なんか損した気持ちになるのも事実です。

現在は、子供たちも全員成人になったので全ての保険は解約しました。

さて、わりかん保険というアイデアを立ち上げたベンチャー企業があります。

こちらです。

加入者の誰かががんになったら一時金80万円が支払われ、それを残りの加入者でわりかんで支払うという仕組みです。
ただし、支払われるのはその一時金だけで、別途入院費や高額医療費の支払いはありません。

これからちょっと考えてもいいかなと思います。