新型コロナウィルスとシン・ゴジラ

こんにちは、
よしおです。

毎週土曜日に約1週間分の買い物に行きます。
多くは食料品だったら猫関連(猫砂)です。

最近の印象としては、やや混んでいるかな、と感じます。
僕の肌感覚としては、1.2から1.5倍。

そしてもう一つ感じるのが、年齢層が高い。

これは単に朝早め(午前10時前後)なのかどうかは不明。

僕がいつも行く近所のスーパーでは、館内放送で入口近くのアルコール除菌スプレーでの消毒とマスク着用を呼びかけています。

640ゴジラ3.jpg
※東京ミッドタウン日比谷のTOHOシネマズ前のゴジラ象

さて、現在の新型コロナウイルス禍を観ていると映画『シン・ゴジラ』を思い出します。

シン・ゴジラの首都圏の破壊の凄まじさに比べるのは不謹慎ですが、
どちらも災害対政府なのです。

そしてそれに翻弄される国民。

いや、むしろシン・ゴジラの方が、首都圏だけのことでしかも何と言ってもどこにいるかすぐわかる。
しかし、それに対する政府の迷走と実は救ったのは正義に燃える官僚たちと普段は鼻つまみの変わり者の研究者やオタクたち。

政府は、専門家たちの意見を参考にしていると言っているが、
政府に意見を出来る人は一部なのでどこまで伝えて、それを政府がどこまで理解しているは甚だ疑問です。

こんな時こそ、幅広い知恵は必要と思います。