新型コロナウィルス 北陸が怖いことに

こんにちは、
ともやんです。

産経新聞の次の記事を読み、新型コロナウィルスの恐怖を感じます。

石川の感染者数は1カ月前の3月28日時点では9人。当時は感染者が100人を超えている都道府県が多く、谷本正憲知事が「無症状の方はお越しいただければ」と観光での来県を呼びかけ、批判も受けた。

 4月に入ると、状況は一変。連日感染が確認され、11日に100人を突破。さらに2週間足らずで200人となり、累計の感染者数は全国で11位となった。

 北陸ではほかに富山が1・66人、福井が1・53人で、全国4、5位に。6位以降は千葉(1・29人)、福岡(1・19人)など当初から宣言の対象となった県が続き、北陸での拡大の急速さを示している。




上記の記事に書いてありますが、1カ月前の3月28日には、石川県では感染者が9人、富山ではまだ感染確認者はいませんでした。
それがわずか1ヵ月でこの状態です。

僕の実家は富山で高齢の父親と妹夫婦がいます。
現在のところ大丈夫なようですが、新型コロナウィルスの怖さがわかります。