モーツァルト 交響曲

こんにちは、
よしおです。

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年1月27日にザルツブルクで父レオポルド、母アンナ・マリアの第7子として生まれました。

ただ、モーツァルトが生まれた時には、5歳上の姉ナンネルだけが生き残っていました。

父レオポルドは、ザルツブルク大司教宮廷に仕えた音楽家で、几帳面で厳格な教育者でもありました。
その父の元でクラヴィーアの練習をする姉の側で聴いていただけで3歳で3度の和音を弾いたといわれます。

そのように早くから楽才を発揮し、しかも父の指導もあり6歳の時には、ミュンヘンとウィーンに演奏旅行に行き、神童ぶりを披露し、7歳の時にはパリで4曲のヴァイオリンソナタを出版、11歳のときにはウィーンで皇帝の命でオペラを作曲するなど、その早熟ぶりは類をみないものでした。

さて、個人的には、モーツァルトは、ベートーヴェンと共に現代の音楽業界にもっとも貢献した一人だと思います。
交響曲の部門でも、モーツァルトなしでは語れませんね。

名指揮者マッケラスの名演集がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マッケラス・コンダクツ・モーツァルト
価格:2850円(税込、送料別) (2021/1/27時点)

楽天で購入