田中みな実

こんにちは。
よしおです。

現在、飽和状態のフリーアナウンサー市場で、しっかり仕事を勝ち取っているのが田中みな実です。

今では3カ月先までびっしり仕事が入っているとか。

僕は、毎週土曜日のTBSラジオ「田中みな実のあったかタイム」が好きで、
いつも聴いていてファンなので、なんか嬉しいです。

テレビCMやドラマに出るようになり、女性誌の田中みな実を特集すると大反響があるとか。
その小悪魔的な魅力をどんどん発揮して行ってもらいたいです。

田中みな実 L版写真 12枚


セ・リーグ クライマックスシリーズ

こんにちは。
よしおです。

プロ野球 クライマックスシリーズは、
セリーグが、阪神タイガースが、DeNA横浜ベイスターズを破り読売ジャイアンツとのファイナルステージへ、
パリーグが、福岡ソフトバンクホークスが、楽天ゴールデンイーグルスを破り、埼玉西武ライオンズとの決戦に進みました。

横浜port-1702176_1280.jpg

DeNAファンの僕として、今シーズンのプロ野球は終わりました。
しかし、ラミネス監督のもと初のリーグ2位という成績を収めました。

クライマックスシリーズは、初戦を落としたのが痛いです。

来年は、優勝をしてほしい、僕も横浜スタジアムに足を運ぼうと思います。


【公式】横浜DeNAベイスターズ ハイクオリティーレプリカユニフォーム(YOKOHAMA) (#21 今永昇太, L)





高齢者運転と介護リスク

こんにちは。
よしおです。

週刊ポストの10月11日号に書かれている「60才からの言ってはいけない」はなかなか興味深い記事です。

ただ、取り上げているサンプルや資料には、ちょっと首を傾げたくなるものもあるので、そんな考え方もあると思うくらいでいいと思います。

その中で、高齢者の運転について次のような内容が書いてありました。

65才以上の高齢者で、運転をやめると介護リスクが運転を続けている人よりも約2倍になるというデータです。

そのデータというのは、愛知県内の65才以上の運転をしている高齢者2,844人を10年後にも調査した結果、運転を続けている人2,704人、やめた人140人の要介護認定者の人数を比較すると、運転をやめた人が、続けた人よりも2.09倍だったそうです。

650じいさん3.jpg

なんかサンプルとして弱いようですが、クルマの運転をやめるというのは社会とのつながりが絶たれるということからではないかと言われています。

なんかこじつけ的だと思います。

免許はあくまで個人の意思で返納するわけだし、運転をしなくなる、出来なくなるのは体調が悪くなってからが多いと思うので、このデータで決めるのは厳しいと思います。

Amazon.co.jp: 高齢ドライバー

60才 働き続けるリスク

こんにちは。
よしおです。

週刊ポストは、正論から見て違う角度からの意見なり主張があり、面白いです。

10月11日号では、60才からの「言ってはいけない」では、橘玲氏の書籍から"この社会は残酷で不愉快な真実で満ちている"という刺激的な文章から、論旨を展開しています。

例えば、定年後の三大不安として「お金」「定年」「孤独」を解消することは働き続けることで解消できる、と僕は思っているし、実行しています。

しかし、これに対して、「労災リスク」が高まるというデータもありと紹介しています。

つまり年齢を重ねることで身体能力が低下し、怪我や事故に遭う確率が高くなるためです。

それは当然なのです。

まず絶対正しいというものはないと思います。常に試行錯誤。

僕が定年後に働き続けているのはそちらの方が面白いと感じるからです。

つまり生きている実感がするからです。

そしてやっていることは趣味の延長です。

働くことが苦役と感じる人は、結局、「労災リスク」が高くなるのでそこは気を付けた方が良いと思います。


言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

※興味が合ったら読んでください。

消費税 実感

こんにちは。
よしおです。

消費税率が上がりました。

8%→10%と2ポイント上がりました。
税額としては、1.85%のアップです。

108円のものだったのが、110円になりました。

昨日、アルバイトに行くのに横浜市営地下鉄に乗ったら、従来の237円区間が242円になっていました。

アルバイト先は、一部しか交通費が出ないので1日10円の負担増です。

また今日散髪に行きました。
1,600円が1,650円になっていました。

毎月飼っている雑誌カーセンサーが、100円が102円になっていました。

ぼんやり者の僕にも実感しました。

また今回は、軽減税率というものも導入され面倒なこともあります。

僕は、アルバイト先は量販店なので、9月30日は月曜日ながら忙しかったです。
ところが10月1日になるとガラッと静かになりました。

妻が、30日にトイレットペーパーを買いに行ったら売り切れだったそうです。

でもこれってなんかイベントみたいで、日用品は買わないわけに行かないので、一旦大量に買ったからと言って生活へのメリットはあまりないかもしれません。

また売る側も10月以降も販売を続けなければなりませんので、セールなどを打ち出すでしょう。

国民は、消費税が、有効に使われているかどうか、政府をきちんと監視して行かなればなりません。

彼らは公僕で、国民の税金で生活していることを忘れてはなりません。

[老後のための最新版]やってはいけないお金の習慣