10連休

20190408_091457-1.jpg
おはようございます、よしおです。

今朝は、昨日とうって変わって素晴らしい快晴です。
でも気温も上がるから桜も散り急ぐでしょうね。

さて、今年のゴールデンウィークは、10連休です。しかも国をあげての連休です。

僕は、入社以来37年間で最高で6連休です。
ただ、僕は、昨秋から個人事業主になったので勤め先の仕事をしないだけで、個人の仕事はみっちりしますがね。

しかし政府はまだ休みを増やせば国民は喜ぶと思っているのでしょうか?


宮本亜門 人間ドック

こんばんは、よしおです。

帰宅後、晩御飯を食べながらテレビを観ていました。
僕は、テレビはあまり観ない方で、一日の合計時間が1時間前後だと思います。

朝食を取りながら、朝の報道番組を観て出勤。
会社では、昼休みに、休憩室でお昼の報道番組を観ます。
そして、夜は晩飯を食べながら報道番組を観ます。

測ったことがありませんが、大体1時間ほどだと思います。

さて、今晩は、TBSの「名医のTHE太鼓判!【春の芸能人余命宣告3時間SP】という番組を観ました。

途中から観たので今一つぴんと来なかったのですが、芸能人が人間ドックで検査してもらい、その結果から各専門医が余命をはじき出すという番組です。

考えようによっちゃ残酷な番組です。

その中で、演出家の宮本亜門が、人間ドックでの検査でがんが発見され、その告知の現場にカメラが入って取材していました。
当然、本人と病院の了解を得てでしょうが、本人は相当なショックだったと思います。

幸い、転移していなくて、前立腺にあるがんを全摘出することで感知する可能性もあうようで、本人も少しはほっとされていました。

ただ、宮本亜門のやりたいことの20%しかやっていない、あと30年は時間が欲しい、まさか自分にがんなんて、という言葉同い年の僕には痛いほどわかります。

最後は、手遅れ前に検査で分かったことを幸運だったと前向きに捉えられていました。

手術でしっかり治して、また精力的に演出の仕事をされることを祈っています。


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

引きだす力 奉仕型リーダーが才能を伸ばす (NHK出版新書) [ 宮本亜門 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2019/4/8時点)

楽天で購入


統一地方選 棄権しない

おはようございます、よしおです。
僕が住む神奈川県横浜市では、明後日の4月7日(日)統一地方選のもと、県知事、県議会議員、市議会議員と3つの選挙が行われます。

僕は、日曜日は、朝から合唱の練習なので、選挙に行けないため、一昨日期日前投票に行ってきました。

統一地方選に棄権してはいけません。

選挙は、国民の権利なので、僕は、有権者になってから一度も棄権したことはありません。

自分が行っても行かなくても変わらないという人がいますが、国民一人一人に平等に与えられた権利なので絶対棄権はダメです。

税金を払うという義務だけ負わされて権利を放棄するなどアホです。

棄権はしないでくださいね。

猫 報道

おはようございます、よしおです。

横浜は、ここ2日ほど寒い日が続きましたが、今日から春らしい暖かな気候になるようですね。

ただ、桜は長く楽しめそうです。

さて、先日三重県で空き家で野良猫を保護しているところから、猫を盗んだとして50代の男性が逮捕されました。

盗んだ理由として、猫を飼いたかったが、お金がなくて盗んだと意味不明な供述をしているそうです。

20190327_204258-1.jpg
この犯人、本当に猫を飼いたかったか、そもそも猫が好きなのか、行動を見ていてもまったく逆としか思えません。

先日も京都で飼い犬を蹴りあげる女性の動画が放送され、その女性はしつけと言っていました。
あり得ないことです。
しつけの名のもとに虐待をしているだけです。

弱いものへの虐待は、許せません。

やすらぎの郷 続編

こんにちは、よしおです。

普段テレビドラマに興味のない僕が見てみたいなと思う番組が放送されます。
4月8日(月)から始まる『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)です。

これは2017年4~9月に放送され、幅広い層から熱烈に支持された帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』の続編として放映されます。

高齢者ホーム「やすらぎの郷」で巻き起こる日々の出来事と、主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆する山村の夫婦の一代記『道』のストーリーが同時に描かれます。

ドラマの概要を解説します。

テレビ人だけが入居を許される高齢者ホームに暮らすシナリオライター・菊村が、純粋に自分のいきがいのため、新しいシナリオ『道』の執筆に着手するところからドラマがスタートします。

ドラマ内では『道』も映像化され“ふるさと”“原風景”をテーマに、名もなき夫婦の生涯を、昭和初期から新元号の時代まで綴っていきます。

出演は、松原千恵子、橋爪功など個性豊かな新入居者8人に加えて石坂浩二や浅丘ルリ子、加賀まりこらおなじみの面々も顔を揃え、2月にがんを公表した八千草薫も九条摂子役で続投されます。

脚本を担当する倉本聰は、八千草の姿を
「一生を終える時の“入舞”をみるようでした」としみじみ振り返ったそうです。
放送は1年間の予定。

主題歌も前回同様中島みゆきが担当します。