ネッシーの謎 解明か!?

こんにちは。

よしおです。

時事通信社の報じるところでは、

イギリス北部スコットランドのネス湖の「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームが、大規模な調査を行い、ついに正体を特定したとk主張しました。

ただ、その内容は明らかにされておらず、9月上旬に研究結果を発表するそうです。
なお、調査チームは、ネッシーには遭遇しなかったそうです。


ネッシーscotland-2647221_1280.jpg


ではどうやって解明したかというと、ネス湖のさまざまな水域で約250の水サンプルを採取し、水中に存在する膨大な量の生物由来のDNAを調べ、既存のデータベースに照らして分析したどうです。

調査を主導したニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授は、目撃例が相次ぐ理由について、公共放送BBCに「四つの理由で説明できるが、そのうちの一つがもっともらしい理論として残った」と語ったそうです。

ネス湖は、琵琶湖の1/12しかない湖ですが、ネッシーの歴史は極めて古く、キリスト教の聖人として知られる聖コロンバが西暦565年にネス湖で「水中の動物」に遭遇したのが最初の目撃例とされています。

そして1933年、地元紙インバネス・クーリエが未確認生物の目撃例を報道し、20世紀最大の神秘の一つとして世界中に広がりました。

創作だとの指摘も根強いが、現在でも年間平均約10件の目撃情報が寄せられています。

結局なんなんでしょう。でも調査方法が、既存のDNAとのデーターベースを照らし合わせるというは、未知の生物ではないということを既に言っているように思います。

ブラックバイト

こんにちは。

よしおです。

ブラック企業、それにブラックバイトという言葉は近年に言われるようになった言葉です。

最初に、ブラック企業という言葉が出てきて、学生のアルバイトでも、「学生であることを尊重しないアルバイト」をブラックバイトというようになったようです。

ブラックバイトとは、学生の本文は勉学で、大学の授業や試験を優先しなければなりませんが、人手不足なとを理由に、バイトを優先させられ、授業や試験が受けられないというものです。

業種的には外食業、小売業、学習塾が多いようです。

深刻なブラックバイトは、沖縄県に多いようですが、実態を見ていると雇う側の倫理のなさというか大学生を対等の個人として見ていない、つまり蔑視している状況がわかります。

ブラック企業glass-3319602_1280.jpg


いまから40年前、僕は働きながら大学に通っていました。

僕は、それを前提に入った大学なので特に不満はありませんでした。
どちらかというむしろアルバイト先のコネなどを利用して就職先を探そうとまで考えていました。

いまから考えると甘い考えでしたが、当時は真剣でした。

大学卒業後入社した会社は、従業員200名ほどの会社で、叩き上げのオーナー社長でもあり、当時は「有給は悪だ」と公然と言っていました。

いまだと絶対就職しないでしょうね。

それが嫌で、定年後は雇われない働き方を進めています。


デオコおじさん




こんにちは。

よしおです。


女子高生.jpg

ロート製薬が、30代以上の大人の女性をターゲットにして発売したボディクレンズ「DEOCO(デオコ)」が人気です。

しかもおじさんと呼ばれる大人の男性にも人気が広がっているとかで、発売元も予想しなかった購買層が出現でしています。

なんでもJKの匂いになれるとかで、世のおじさんたちは、自分の匂いを気にするようになったのか、それともほのかに香る甘い匂いに過ぎ去った青春時代を想うのか、僕はどちらかというと後者だと思います。

この内容を伝えるyahoo!ニュースの記事には、本来男性は、自分の匂いに無頓着と書いてありましたが、
そんなことはありません。

僕は、中学生の頃から、気にしていましたし、女性に比べれば無頓着に見える、というのが正しいと思います。

さて、使用した男性の弁によると、時折、ふっと香ることがあるという程度なので、そこがいいのかもしれませんね。

これが匂いが強すぎると、「あいつ、いい年してなんだ。」と思われるかもしれません。

さて、記事には店頭では売り切れ続出、Amazonでは、値段が高騰なんていい加減なことが、書いてありましたが、Amazonでは普通に購入できるようです。




https://amzn.to/30njfaB <<<こちらからも。


但し、Amazonでは8月31日入荷予定とか。さすがに人気商品です。

野口啓代 代表決定

こんにちは。

よしおです。

東京五輪から正式種目となるスポーツ・クライミングの代表に野口啓代(あきよ30才)が決定しました。ライヴァルの若い選手ばかりのなか、30歳にして見事に代表を決めました。

しかも新種目では五輪内定の第1号となりました。

僕は、野口さんを応援していました。なんと言っても年齢。

今回のオリンピックを逃すと次はないという気迫が感じられました。


しかもこの種目では、世界選手権で4回王座に輝いてて、この競技をけん引してきた方です。

こんな人にぜひ代表入りしてほしいと思っていたので、感激しました。

ぜひ、オリンピックでは悔いが無いように戦ってほしいです。

応援しています。


関連記事です。


 

あおり運転 遭わないために

こんにちは。

よしおです。

僕は、ドライブ歴40年ですが、とくにあおり運転に遭ったことはありません。

しいて言えば、大学生時代にオートバイに乗っていて、すり抜け運転をしていて、あるドライバーの癇に障ったのでしょうか、約30秒ほど追っかけられたことがあります。

少しビビりましたが、30秒ほどの追跡されて済みました。

だから、クルマを運転してあおられたことはありません。

あおり運転に逢わないためには、それっぽいクルマに近づかないことです。

オートバイ.jpg


もし参考になれば思い、僕がライダーだった頃からの近づかないようにしているクルマ、ドライバーを挙げてみます。

1、ナンバーに意志がある。例えば、0001とか1010とか明確な意思を感じるようなナンバーを付けているドライバー。概して運転技術は高く、外車率も高い感じますが、自己主張が強く、トラブルになったらかなり面倒な人が多いと思います。

2、クルマが傷だらけだったり汚れている。概して安全への意識が低いドライバーです。

3、車内を必要以上に飾っている。たまに車内をぬいぐるみでいっぱいにしているドライバーを目にします。一見安全運転のようですが、自己中心的なドライバーが多いようです。

4、大型車の直前、直後は走らない。仕事で大型車を走らせているプロのドライバーさんにはなんの憾みもありませんが、視界が遮られ危険への察知が遅れたり、いざ事故に遭った場合、こちらが大きな危害を被る可能性が高いからです。

5、挙動不審なクルマには近づかない。必要以上にブレーキを踏んだり、車線変更をするようなクルマには近づかないことです。見かけたら追い越さないで、こちらが止まってやり過ごすのがベストです。

僕は、大学生の頃、自動二輪の免許を取って2年後に普通免許を取りました。だから自動二輪での運転経験がありました。

教訓は、とにかく危険がクルマに近づかないことです。オートバイは、身体がむき出しですから、ちょっとした接触でも命に係わるケースになることがあります。

僕の考えは、あおり運転は無くならないということです。なぜなら、あおり運転をする性格のドライバーは、一定数は必ずいると思うからです。

出来ることは、こちらが近づかないということです。